無料占い

てのひらの水晶玉

占いで気づかなかった自分をみつけることができることがあります。
それというのも占いで今、自分の置かれている立場や状況を見つめなおすきっかけともなりますし、誕生日というのは同じ年の同じ月日に生まれた人は、地球上には何人もいますが、同じ時間に生まれた人はかなり少なくなります。
その上、自分の名前というのも その人を表す大切なものなので、そこからその人の性格であったり、基本的な考え方がわかりますが、今の自分と違えば、心の奥底か考え方の元に考え方の違いを持っていて、改めて今まで気づかず知らなかった自分の姿に気づく可能性もあります。
しかし、聞き流してしまえば、それだけの事になってしまうので、心のどこかに置いておけば今後の道をみつけるきっかけにもなるかもしれません。

占いをみて喜んだり悲しんだりしている人を見かけますが、悲しいことがあるからと言ってそのまま受け取るのではなく、事前に教えてもらったことで気をつけて悪いことや嬉しくないことを回避することができます。
つまり、怪我の可能性があると占いに出れば、必ず怪我をするという前兆ではなく、怪我をしないように運転や歩行する時、階段の上り下りや仕事場での作業の際に、小さなことでも気を抜かず注意を払うようにすることで、逆に気が付くことがあったり、人に対して気遣いができたりするので、良いこともあります。
また、悩んでいる場合は解決するためにはどうしたら良いのかという軌道修正のためのヒントが隠れているので、占いで聞いた言葉をゆっくり自分の中で噛み砕いて繰り返し思い出してみるのも良いでしょう。

本来の自分を知ることで自分の才能を開花させる